なでしこJAPAN

日本最驚列伝

今回は、がらりと話題を変えて、スポーツに関して一言。サッカー、それもなでしこJAPANについて話したいと思います。

 

題して『日本最驚列伝』です。

 

『驚』・・・・そう、私が最近もっとも驚いているのが、なでしこJAPANの成長です。

 

ご存知の通り、なでしこJAPANは昨年の女子W杯で優勝し、世界一の栄冠に輝きました。日本が主要世界大会で優勝したのは、男女を通じ初めてという快挙でした。

 

 

ほんの数年前までは、アメリカ、ドイツどころか、同じアジアの中国、北朝鮮にすら及ばない実力だったのに、いつの間にか、いえ弛まない努力をしていたのでしょうね、見事に世界のトップに辿り着きました。

 

しかし、私が驚いているのは、W杯での優勝ではありません。その後の彼女たちの精進と精神力の強さです。

W杯の試合を見た人であればわかると思いますが、勝ったとはいえ(アメリカ戦は、公式には引き分け)、内容的にはドイツ、アメリカに押されており、もし判定競技であれば、アメリカ戦は『判定負け』というところでしょう。

 

つまり、実力的にはアメリカ、ドイツの方が上だったのです。ところが、彼女たちあるいはアメリカの選手も口にしていたように、『目に見えない力』に後押しされながら戦っていたのでしょう。もしそれが、昨年の東北地方を襲った大震災の悲劇であるとすれば、私はある意味で、なでしこJAPANはW杯で力を使い果たしたと思いました。

 

加えて、帰国後の彼女たちを待ち受けた狂騒劇。その殺人的スケジュールは、彼女たちの身体を蝕んで行くと思われました。私は、このままではコンディションが整わないまま五輪へと突入し、おそらく期待を裏切る結果になり、国民の失望を買う。そのような懸念を抱きました。

 

ところが、ポルトガルで行われたアルガルベ杯でのなでしこJAPANの闘い振りを見て、私はわが目を疑いました。

W杯のときより、数段成長していたのです。

たしかに、決勝のドイツには惜敗しましたが、三対四という結果もさることながら、逆境から二度も追い付くという試合展開はこれまでのなでしこJAPANには考えられないことでした。W杯決勝でアメリカに二度追い付いたのとは、全くレベルの違うものでした。

しかも、私の見たところ、ドイツは百%近い出来でしたが、日本は八十%程度の出来にも拘らず、です。そして、順序は逆になりましたが、その前のアメリカ戦です。

W杯での三対七という試合内容から、五対五の全くのイーブンの内容に成長していました。なでしこJAPANは、W杯後も急速な成長を遂げていたのです。

 

さらに、キリンカップのアメリカ戦です。この試合では、完璧に王者としての風格を備え、試合内容もそれに相応しいものでした。

このようなことがあるのか?私は、この一年未満の間のなでしこJAPANの成長振りを見るに付け、驚き入りました。

人間というものは、信念を持って努力を怠らなければ、成長を勝ち取ることができる。あらためてそのことを教えられました。
いかに彼女たちが、W杯の優勝に浮かれることなく、確固たる意志をもって努力していたか。頭の下がる思いです。

しかも、怪我の功名というべきか、大黒柱の沢選手が病気で欠場し、彼女なしでのシミュレーションもすることが出来たというおまけ付です。

 

 

なでしこJAPANが五輪で金メダルを獲るかどうかはわかりません。アメリカの逆襲も考えられますしね。

ですが、仮に金メダルを獲れなくても、私は王者らしく振舞うであろう彼女らを心から賞賛するつもりです。

 

香川、本田、長友、内田、酒井高、岡崎、宮市・・・・・日本サッカーは、男子の方も物凄いことになっています。こちらも、いずれ取り上げたいと思います。

 

 

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress