マドンナ・その2

日本最美少女列伝

私が、マドンナを親友・Aに紹介してから半年後の秋、なぜ私とマドンナが恋人同士になったのか?

 

残念ながら、現実の話ではありません。また、夢の話でもありません。

 

私が通った高校は、大変な進学校で修学旅行はありませんでしたが、体育祭や文化祭は大掛かりだったと書きました。

その文化祭は、土日の2日間に渡って行われました。3学年・全30クラスが各々出し物を考えます。

合唱、演劇、露天商、ゲーム場、定番の幽霊屋敷・・・・。

合唱や演劇は体育館、幽霊屋敷は、剣道場や柔道場を使いましたが、その他は基本的に教室が会場となるので、自ずと出し物は制限されました。

手軽さ?から、やはり合唱や演劇が圧倒的に多かったですね。

 

さて、我がクラスですが、クラスメートにTという男がいました。このTは映画が大好きで、鑑賞はもちろん、高価な機材を購入して、風景などを中心に撮影していたようでした。

実は、私もカメラや映写機には興味があり、中学のときには、お年玉や小遣いを貯めて、4万円もする8mm映写機を購入したほどでした。

その年、家を新築しましたので、古い家の面影や、解体から新築されるまでの過程を記録しておきたかったのです。

 

ちなみに、その頃私が何度も店に通い、親しくなったお陰で、映写機を安くしてくれた写真機店の店主は、あの福山雅治の写真の師匠・植田正治(うえだしょうじ)氏です。

 

 

映写機が取り持つ縁で、私とT氏は親しくなったのですが、そのTが文化祭の出し物として映画作品を提案したのです。

在校した3年間はもちろん、その前にも映画を上演したことは無かったと記憶しています。

 

ともかく、斬新な試みに、クラスメートも担任も乗り気になり、2作品を制作することになりました。私とTで撮影、脚本、キャスティングを取り仕切りました。

 

肝心の作品ですが、

1つは、当時人気絶頂だった、ブルース・リーの影響でカンフーもの、

もう一つが、王道の恋愛ものでした。

 

私は制作側だったのですが、Tの依頼で、カンフーの作品に出演する事になりました。役は、主人公と敵対する組織の首領役、つまり悪役でした。

私は、小学校の高学年のとき、空手を習っていたので、型が決まっていたからでしょう。

 

さて問題は、恋愛作品の方でした。

内容は、これが後年、映画化やテレビドラマ化もされた、大ベストセラー小説『世界の中心で愛を叫ぶ』の内容に酷似していました。まあ、考える事は似たり寄ったりという事でしょうか。

 

ヒロイン役は、これはもうマドンナで異論はなかったのですが、問題は相手役でした。

何しろ、マドンナの相手ですから、どうしても役不足になってしまうのは明らかで、皆尻込みをしてしまったのです。

それこそ、本物の彼であるAであれば、ピッタリなのですが、他のクラスの生徒を出演させるわけにはいきません。

 

困り果てた私とTは、マドンナ本人に意見を求めました。すると、彼女は相手役に私を指名したのです。

少なからず驚きましたが、私は脚本も担当していましたし、カンフーの作品にも重要な役で出演が決まっています。とてもじゃないが、作品を掛け持ちなど出来るはずもありません。

私は断ったのですが、マドンナが引き下がらないので、結局カンフーの方は子分役に変更して出演時間を減らし、マドンナの相手役を務めることになったのです。

 

マドンナと私が恋人同士なったというのは、こういうことです。

 

マドンナが、相手役に私を選んだ理由ですが、

Aを紹介し、彼と付き合うことになったことで、彼女が私に感謝の念を抱いたのは間違いないでしょう。

その証拠に、席が隣だったこともあり、二人はますます話をするようになりました。それこそ、Aよりも話す時間は長かったと思います。何も知らない者の目には、私たちが恋人同士に映っていたほどでした。

 

誰でもそうでしょうが、付き合い始めというのは、なにかと気を使うものではないでしょうか。

『こんなことを言ったら嫌われやしないか・・・・ああ言えば・・・・こんなことをしたら・・・・』

と、私も神経を使った経験があります。

マドンナはあくまでもAの彼女ですから、たとえ嫌われても失うものの無い私は、言いたいことを言っていました。遠慮なく、はっきりと本音を漏らしていました。

おそらく、彼女もそうだったのではないでしょうか。ある意味、私との会話でストレスを発散していたのでしょう。

 

言うまでもありませんが、私はAの親友ですから、マドンナより彼のことを知っているわけで、彼の中学時代の事を話したことも、二人が親しくなって行った要因だったと思います。

以上のことから、彼女にしてみれば、他の男生徒に比べ、気を使う事が無いというのが理由だったと思われます。

 

一方で、Aにしても、私なら信用が置けますし、たとえ自分の彼女と抱き合うシーンがあったとしても、他の男生徒よりは、嫉妬しなかったのでしょう。

これもまた、マドンナが私を選んだ理由の一つだったかもしれません。

 

撮影は、校内はもちろん、湖畔、河川敷、城内、堀端、市内・・・・とあらゆる場所をロケして回りました。

撮影期間は一ヶ月ほどでしたが、その間はずっとマドンナと一緒でした。平日は授業後の夕方から、日曜、祝日は朝から昼間のシーンの撮影をしました。
周囲に、監督・撮影のTやスタッフ、共演者はいたものの、二人きりのシーンが多かったので、待ち時間など、とにかく二人だけでいることが多かったのです。むろん、Aよりもずっと長い時間です。

 

内容はと言いますと、恋人同士ですから台本にはキスシーンもあるのです。もちろん、本当にキスはしませんでした。ギリギリまで唇を近づけ、後はカメラの角度で誤魔化すのです。

しかし、抱擁や頬を合わせるシーンなどは実際にしました。そして彼女の豊満な胸の感触や息遣いを身体で感じました。

疑似恋愛とはいえ、一ヶ月も続けていると、妙な感情が湧いてくるものです。高校生の稚拙な映画でさえ、彼女に特別な感情が芽生えるのですから、テレビドラマや映画で競演した芸能人が、実際に交際に発展して行くのも理解できるような気がします。

 

さて、最後のシーンですが、ロケ地は湖畔でした。時刻は夕方。

私は彼女の方を抱き、湖に沈んでゆく夕陽を眺めながら、会話をします。

大学へ行ったら・・・・

就職したら・・・・

結婚したら・・・・

子供が出来たら・・・・

子供が結婚して、また二人きりに戻ったら・・・・

しかし、とうとう彼女の返事が返って来なくなり、私の膝に崩れ落ちました。

 

最後のシーンを撮り終えたときでした。

マドンナは、膝の顔を私に向けると、上目遣いに、

『安岡君(実際は本名です)の方が良かったかな』

と、ポツリと零したのです。

『えっ?』

私は、彼女の言葉を消化できませんでした。

そのうち、Tや他の同級生たちが近づいてきてしまったので、彼女に真意は分からず仕舞いになりました。まさか、あらためて真意を訊ねる勇気もなく、私と同じように一時的に錯覚を覚えたのだろうと想像しました。

その後、Aとは順調に交際を続けていましたから、私に気が有ったということでないでしょう。同窓会でもあれば、確かめてみたいと思っていますが、彼女が覚えているかどうかさえも定かではありませんがね・・・・。

 

私たちが制作した映画は好評を得ました。二日間、朝から夕方まで途切れずに上映しましたが、毎回満席でした。といっても教室でしたから、1度の上映で鑑賞できる人数は50名ぐらいでしたがね。

 

さて、文化祭は一般にも公開されていましたので、他校の生徒も数多く訪れていたのですが、このことが私の現実の恋の転機となったのです。

 

2日目の午後でした。

同級生の女生徒から呼び出され、私は校舎裏へ行きました。

すると、そこに一人の女性が待っていました。

小柄で、可愛らしい女性でした。マドンナとは対照的で、決して美人とは言えませんが、顔立ちもその佇まいも、実に愛くるしいものでした。

見知らぬ彼女に、私が戸惑っていると、

『安岡君、私を覚えていません?』

彼女の口から意外な言葉が飛び出しました。

『はあ?』

私にはいっこうに覚えがありません。すると彼女は、

『中学校三年生の夏です』

と微笑んだのです。

『中学三年生の夏?・・・・あ、ああ・・・もしかして、君はあのときの・・・・』

私は、ようやく彼女のことを思い出しました。たしかに、私は目の前の彼女と、夏の一夜を共にしていたのです。

 

彼女と夏の夜を共にしたとは、いったいどういうことなのか?

続きは、また近いうちに・・・・・。

 

 

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress