日本再生論

『日本再生論』

とうとう、この難題に挑む事にしました。

 

誤解のないように言っておきますと、今の日本を再生することが難題なのではありません。私は、この点に関しては楽観視しています。

 

私は、石原東京都知事や橋本大阪市長のように、制度設計のやり直しという、ただ単にテクニカルな指摘に留まらず、日本の歴史、伝統、文化、思想、哲学、宗教観と広範囲に言及しようと思っていますので、自分の主張を上手くまとめられるか、伝えられるかが難題だと思っているのです。

 

もう一つ、前もって断っておきますが、私は小説以外の政治、経済に関する書物を一切読みません。

したがって、これから私が主張する事は全て私、あるいは私の大師匠である安岡先生、そして師の考えです。

ただし、テレビの討論番組などを良く見ますので、誰かの発言やその人が書いた書物のなかに同様の一文があったとしても、不思議ではありません。

その場合は、前もって謝罪しておきますが、同時に決して盗作ではないことを表明しておきます。

 

 

さて日本の現状ですが、バブル崩壊後の二十年、無策に次ぐ無策により不況から脱することが出来ず、さらに近年の円高も加わり、デフレは加速するばかり。

加えて、昨年の東日本大震災と福島原子力発電所問題が暗い影を落とし、1000兆円にも上る国と地方の借金は手付かずのまま、不当にも消費税率がアップされようとしています。

 

一方、国家主権に関しては、北方領土はロシアの不法占拠が続き、竹島は韓国に実効支配され、尖閣列島は中国から虎視眈々と狙われている現状。北朝鮮には同胞が拉致されたままです。

 

こうして問題点を並べてみると、日本は八方塞で前途多難なように見えますが、実は私は政治家や官僚、評論家たちが発言しているほど、悲観はしていません。誤解を恐れずに言いますと、むしろ楽観というか感心というか、日本という国、民族の能力の高さに感動すらしています。

 

よく考えてみて下さい。

上記のような状況下にありながら、

日本は世界に大きな懸念を抱かせていますか?

日本は世界から特別な支援を受けていますか?

日本は世界の御荷物になっていますか?

 

それどころか、ギリシャに端を発した欧州の通貨危機に際して、日本はいち早くIMFに5兆円?という巨額資金を供与し、またアフリカ諸国の発展のために数千億円の資金を提供することを決めて、相変わらず世界に貢献しています。

もし、日本が真に苦境に立っているのであれば、そのようなことができますか?

 

借金と言っても、90%以上は日本人が請け負っているのであって、極論ですが徳政令を発布すれば、一気に借金は0円になります。まあ、ありえませんが・・・・。

ともかく、ギリシャのような経済的に小さな国でさえ、破綻すれば欧州全土に、あるいは全世界にそれなりの悪影響を及ぼすことになるのです。

まして、日本のような経済大国が破綻すれば、その悪影響は甚大で、世界恐慌になるのは必定です。

したがって、アメリカを始め、世界各国から日本に対する深刻な懸念が表明されるはずですが、先日のG8でそのような発言はありません。まあ、注文はあったでしょうが・・・・。

 

また、日本経済に深刻な懸念があるのなら、日本の国債の金利が高騰するはずですが、その兆しもありません。

これらは、日本の経済の根強さを証明するものであり、日本への信頼は揺るぎないものだと言えます。

ああ、アメリカの民間会社による国債の格付けなどは、自国や自社の利益を図った意図的な操作ですから、全く懸念には及びません。

 

しかしながら、このまま放って置いても良い、というわけにもいきません。

いくら日本経済が根強いといっても、今の状態が後10年も続けば、さすがに深刻な状態へ突入することになるでしょう。

 

したがって、日本に残された時間は10年と言っても過言ではないと思います。

この10年の間に、日本は何をなすべきか?

 

次回はそこから始めたいと思います。

 

 

 

日本サッカーの未来・その2

なぜ、私がただ一人、後藤氏だけを信用しているのか。

 

それは、2002年の日韓共催W杯に遡ります。

当時、スカパーCS放送では、一日中W杯関連の放送をしていたのですが、後藤氏はよくゲストとして番組に出演していました。

さて、この大会において、韓国はベスト4進出という成果を得ました。

W杯及び韓国の成績については、言いたい事が山ほどありますが、また話が逸れますのでまたの機会とします。

例の如く、日本のメディアは韓国称賛の嵐だったのですが、ただ一人後藤健生氏のみが、こう発言したのです。

 

『韓国はやはり韓国だった。私は安心した』

 

彼は、韓国のベスト4を貶したのではありません。

『Jリーグが出来て10年。ようやく、日本は韓国に追い付いたと思ったら、また韓国に突き放されたのかと心配だった。ベスト4に進出したのだから、どのような進化したサッカーをしたのかと、この目で確認したが、大したことはなく、韓国はこれまでのサッカーをしていた』

 

これまでの韓国サッカーというのは、フィジカルに任せた放り込みサッカーです。

CFに背が高くフィジカルの強い選手を置いて、ロングボールを放り込み、周りの選手が零れ玉を狙う。従来からの韓国サッカーです。この戦法はアジアでは功を奏してきましたが、W杯では全く通用せず、韓国はこれまで一勝も出来ずにいたのです。

韓国選手が、いかにフィジカルが強いと言っても、白人や黒人に勝てないのは自明の理だからです。

 

しかし、この大会で韓国はベスト4まで進んだ。

ですから、後藤氏は韓国が全く新しい戦術でも用いたのかと思ったのです。ところが、実際に試合を見たら、従来どおりのサッカーだった。つまり、レベル的に韓国に水を開けられたのではないということが分かり、安心したと言うことなのです。

 

他のサッカージャーナリストやサッカー関係者、番組出演者の誰もが、ただ盲目的に結果を称賛する中で、その内容を分析し、その場の雰囲気を壊しかねない危惧がありながらも敢えて持論を発した彼だからこそ、私は信用するのです。

事実、MCや他の出演者は苦虫を噛み潰したような、あるいは唖然とした表情になり、白けた雰囲気が漂いました。

 

では、これまで全く通用しなかったサッカーなのに、なぜこの大会ではベスト4まで進めたのか?いずれ書きますが、皆さんも想像してみて下さい。

 

ところで、私は昨年1月のアジア杯・準決勝の日韓戦終了後、ある人気サッカーブログに、

『おそらく、日本と韓国の試合で内容が互角なのは、これが最後となるでしょう。この先、日韓の実力差は開く一方になるでしょう』

と、コメントを入れました。

もちろん、日本が優位に立つという意味です。そのときは、ずいぶんと反論がありましたが、昨年8月の3-0で日本が勝った試合内容を見れば、私の目が正しかったことが証明されてたようで安堵しました。

 

なぜ、日本と韓国の間に差が出来てしまったのか。

それは、第一に日本人選手の身体能力が韓国のそれに追い付いてきたことが挙げられます。

それまでの日韓は、大雑把に言って、

 

技術の日本VSフィジカル、スタミナ、精神力の韓国

という構図でした。

 

Jリーグが発足するまでは、技術面においてもそう差が無かったため、日本は韓国に全く歯が立ちませんでした。通算成績で圧倒的に負け越しているのはそのせいです。

Jリーグ発足の効果で、技術面が急速に進歩し、フィジカル等の劣勢を補うことができるようになり、良い勝負が挑めるようになったのです。

そのうち、日本人のフィジカル自体も向上してきたため、次第に技術面の優位性が生かせるようになり、ほとんど互角の力量になりました。

その代表が本田選手です。彼ほどのフィジカルを持つ選手は、韓国人選手にもいないでしょう。

第二に、パスサッカーの志向です。
日本が韓国を追い越すきっかけとなったのがこのパスサッカーです。現在、世界の潮流となっているスペインのバルセロナのように、パス回しによって、ポゼッションを高めるという戦術を採用したのです。

実は、私が日韓の差が開くと予言したのは、韓国もまたこのポゼッションサッカーを目指したのですが、アジア杯の内容を見て、日韓の差を確信したからです。

 

日本は、十数年も前からこのポゼッションサッカーを目指し、(もっとも、日本は古くからパスサッカーを目指していましたが、技術が追い付かず出来なかった)下部組織でも一貫した育成をしてきました。そしてようやく、目指すサッカーの緒に付く事ができました。

それに比べ、韓国は数年目から始めたばかりでした。しかも、このパスサッカーは高度な技術を要します。そこまでの技術に達していない韓国は、パスサッカーの習得に日本以上に時間を要する、というのが私の見解でした。

 

はたして昨年の8月の試合、3-0で圧勝した訳ですが、この敗戦の責任を取る形で監督が交代しました。そして、新しく就任した監督は、どうやらパスサッカーを止め、フィジカルサッカーに戻すような話も洩れ伝わってきます。

これが本当なら、ますます韓国は日本に苦戦するでしょう。

 

加えて、韓国Kリーグは八百長も発覚し、観客動員も激減しています。韓国サッカー界の迷走は深まるばかりです。

最終予選を勝ち抜き、W杯出場を勝ち取れば復活の芽も出るでしょうが、もし敗退となれば・・・・いかなることになるでしょうか。

 

次回は、中国について書きたいと思います。

 

余談ですが、今回の天皇皇后両陛下の英国御訪問に際して、アナウンサーの言葉遣いが気になりました。

『行った』、『来た』、『した』、『言った』という言葉遣いは無礼でしょう。それぞれ、

『行かれた』、『来られた』、『された』、『おっしゃったか、最低限言われた』が常識です。

これは天皇制云々と言う問題ではありません。

たとえ、個人的に天皇制反対の立場であっても、仮にも立派な社会人であれば、今現在国家元首の立場におられる事実に鑑みて、敬語を使うのが当然です。

 

不遜な言葉遣いをしたのは、安藤優子と滝川クリステルです。いずれもフジテレビですが、他局でも同様のことがあったかもしれません。

これらは、彼女らの失言なのか、それとも番組制作サイドの作為的なものなのか?たとえ、

いずれにせよ、不快感極まりない出来事でした。

 

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress