マドンナ・その3

私は、2年前の夏、目の前の女生徒と夏の一夜を過ごしていました。

ただし、残念ながら?二人きりではありません。当然ですが・・・・。

 

2年前の中学校3年生のとき、生徒会長だった親友・Aと議長だった私は、いわば学校行事を仕切っていました。

小学校のときから憧れていたAと親しくなった理由は、私のある蛮行からでした。

1年生のとき、私はある不良少年と同じクラスになりました。彼の行状は、界隈に知れ渡っており、同級生の間には少なからず不安が漂っていました。小学生の悪行などは高が知れていたでしょうが、地方の片田舎の長閑な村社会では、際立って異彩を放っていたのです。

 

彼はさっそく私にちょっかいを出しました。

入学式後の記念撮影のとき、私の真後ろに立った彼は、私のお尻を蹴ったり、頭を小突いたりしたのです。

ですが、その場の雰囲気を壊したくなかった私は、じっと耐えていました。

そのことで、おそらく彼は私が大人しい人間だと誤解したのでしょうね。

翌日だったか、その次の日だったか、理科の授業のとき、顕微鏡を覗いていた私の後頭部、ドンと押し付けたのです。当然、強かに目を打ち付けました。

自分で言うのも何ですが、こうなると私は手が付けられなくなります。

 

『こら!何するんじゃ!』

と大声で喚きました。

『・・・・』

私が弱虫だと思っていた彼は、ただ唖然としていました。

私の声に気付いた先生が注意しましたが、私は構うことなく、彼の胸倉を掴んで、窓際へ押し込むと、一発殴りました。そして、倒れた彼の太腿の辺りに蹴りを入れました。興奮していましたが、さすがにお腹や頭を蹴ったら拙いだろうという冷静な判断は働きました。

 

ここで、先生が間に入り終わりましたが、この一件は学校側を震撼させました。今であれば、いまや同時代であっても、都会の学校であれば、ごく日常茶飯事のことで、もっと酷い事件もあったでしょうが、舞台は40年以上も昔の、地方の片田舎の中学校です。これまでにはなかった事態だったのでしょう。

 

授業後職員室に呼ばれ、教頭と担任も含めて説教されましたが、私は自分に非はないと思っていましたので、なんら反省する事は有りませんでした。

むしろ、

『では、先生たちは私に泣き寝入りをしろとでも?また、先生に密告しろとでも言うのですか?』

と問い質しました。

彼らは何か言っていましたが、私は一切聞く耳を持ちませんでした。

 

この一件で、私は良い意味でも悪い意味でも、要注意人物となりました。それは、教員の間だけでなく、生徒の間でも同様でした。

同級生は、私に一目置くようになり、上級生も接触を避けるようになりました。成長期である中学校1年生と3年生では、体格面で雲泥の差がありますから、3年生と喧嘩して勝てるはずもありませんが、授業中の暴力行為に、上級生の間にも、何を仕出かすかわからないという不気味な印象を与えたのでしょう。

 

実は、この事件をきっかけにして、その不良少年に閉口していたAが、私に接近してきたのです。

 

前置きが長くなりましたが、私とAはせっかく生徒会を仕切っているのだから、何か新しいことをやろうと考え、近隣の中学校との合同会議の開催を学校側に提案しました。そして、参加希望のあった3校と、我が校の4校で開催する運びとなったのです。

 

会場は発案者の我が校となり、開催日は夏休みということになりました。

当然、合同会議の司会は私が務めることになりました。

参加人数は一校あたり10名前後でしたが、その参加校の中のある中学校の生徒会長が目の前の彼女だったのです。

 

1泊2日の予定で、

1日目の午後に会議、夜はバーベキューにキャンプファイヤー、花火。そして定番の肝試し。
就寝は23時。

2日目は、午前中に会議、昼食後近くの海で海水浴、夕方解散。

というスケジュールでした。

 

男子は体育館で、女子は教室で雑魚寝でした。

参加校は、いずれも男性教諭が付き添いでしたが、我が校は男性教諭の他に女性教諭も参加して、女子生徒と一緒に雑魚寝しました。

 

中学校の校庭の横に更地があり、そのさらに奥に小さな自然の池がありました。その更地を、バーベキューとキャンプファイヤーと花火の場所としました。

肝試しは、校舎の中だったり、裏山だったり・・・・まあ、私の本意は合同会議を表向きにした夏休みの思い出作りでしたので、渋い顔の担当教諭を説得して様々なイベントを企画したのです。

 

最初の会議のときは、初顔合わせですから、皆馴染まなかったのですが、バーベキューのときあたりから、しだいに打ち解けていきました。

微かな記憶を辿った私は、生徒会長である彼女と、何かに付けて段取りの話をしていたことを思い出しましたが、しかし目の前の彼女がそのときの彼女だったとは・・・・

 

まるで、伊勢正三の『なごり雪』の一節、

 

『時がゆけば、幼い君も大人になると気付かないまま

今春が来て、君は綺麗になった

去年よりずっと綺麗になった』

 

ではありませんが、言葉は悪いですが、あの小便臭かった彼女が、2年経つとこんなに可愛くなるものなのか・・・・。

 

しかも、私が戸惑っていると、何と彼女の方から、

『私と付き合ってくれませんか・・・・』

と告白をしたのです。
彼女はその合同会議のときから好意を持っていたというのです。高校は別でしたが、私を呼び出した同級生は中学校時代の友人ということでした。

こんな可愛い女性から告白されて、私は即座に、

『はい』

と、言いそうになりましたが、そのとき閃光のようにある女の子の顔が脳裏を過ぎった私は、

『ごめん』

と、交際を断りました。

そうなのです。私には、10年以上も私の心を捉えて離さない女の子がいたのです。

 

私は、

『君の勇気で、僕は本当に好きな人がいることに気付いた。その気持ちを隠して君と付き合うことは出来ない。僕は君のように勇気を出して彼女に告白しようと思う。もし振られてもそれは仕方が無いと諦める』

と、なんとも残酷な事を言ってしまいました。

 

しかし、彼女とはこれで縁が切れたわけではありませんでした。

 

 

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress