昭和天皇と安岡先生と師と王貞治氏

昭和天皇と安岡先生と師と王貞治氏。

 

この四者の間を介在した品物があります。

それは『墨』です。

むろん、どこにでもあるような品ではありません。

 

まず、昭和天皇は事ある毎に安岡先生に教示を受けておられました。陛下の大先生に対する信頼の深さは、このブログの第一回に書いた経緯によります。

 

たとえば、前の公務が長引いて、陛下の食事中に大先生が皇居を訪れられたとします。

陛下は必ず、

『安岡を待たせるわけにいかない』

と、食事を中断されてお会いになったそうです。

人徳に優れた陛下のことですから、それは安岡先生に限ったことではなかったかもしれませんが、これはどうでしょうか?

御二人の会談は対面ではなく、ソファーに横に並んで座った状態で行われたそうです。よく、皇室の映像で両陛下が横並びに座られているように、です。

 

おそらく陛下がそのように親密且つ厚遇された民間人は、安岡先生だけだったのではないでしょうか。

 

 

一方、王貞治氏は私の師に師事していました。

現在では、阪神タイガースの金本選手や新井選手の護摩木修行が有名ですが、精神修養もさることながら、スポーツ選手は少なからず神仏に頼るところが多いようで、王氏が師に師事した理由も、

『どうしても三冠王を取りたい』

という一心からでした。

 

それまで、数々の打撃タイトルを獲得していた王氏でしたが、三冠王には縁が無かったので、三冠王獲得は氏の悲願となっていたのです。

誰に紹介されたかはわかりませんが、師の許を訪れた王氏は、

『三冠王達成』の祈願を依頼しました。

 

その甲斐あってか、王氏は1973年、74年と史上初の2年連続三冠王に輝きます。

感謝感激に堪えない王氏は、師に、

『何かお礼を・・・・』

と申し出たのですが、師は、

『祈祷料は十分に頂いています』

と、丁重に断ったそうです。

しかし、どうしても感謝の気持ちを形に表わしたい王氏は、行き下がらなかったそうで、

やむなく師は、

『墨』を所望したということでした。

当時、日本では高級な墨が入手し難くなっており、師は王氏が台湾人であることも考慮に入れた上での要望でした。

王氏は、とにかく親兄弟だけでなく、台湾の知人らにも依頼して高級な墨を捜し求めたということです。

 

さて、その後何かの席で、安岡先生から、

『陛下が良い墨が無くて困っておられるようだ』

と漏れ聞いた師は、王氏から贈呈された墨を陛下に献上されたということです。

 

その墨ですが、私の記憶が正しければ、

縦:約10cm、横:約3cm、厚み:約1cmの大きさで、1枚300万円だったそうです。今から40年前の相場です。

師は、この墨を3枚献上され、陛下から感謝のお言葉を頂いたと言うことです。

 

 

日本再生論・その2

さて、日本に残された時間が後10年だとすると、いったい何をどうすれば良いのか。何から手を付ければよいのか。

 

基本的に、今の民主党政権では何一つ解決しません。

今の民主党は似非政党、あるいは亡国政党と言っても言い過ぎではありません。といって、いまさら自民党でもないでしょう。

 

本来、自民党が自己改革できる政党であったなら、今よりはましな状態だったのですが、長期政権の歪みと、政権維持に汲々としたため、国民の信を失ったのです。いくらなんでも、イデオロギーの対極にあった社会党と連立を組むなどという蛮行は言語道断でした。

 

この時点で、自民党の命運は尽きていたとも言えます。

 

政治家の不祥事、政官財の癒着、二大政党制への期待、止め処ない官僚の天下り等々・・・・。

閉塞感に嫌気した国民は、民主党の甘美な口車に乗ってしまい、民主党政権を生み出してしまいました。

 

ところがこの政権、平気で公約を破るわ、尖閣列島での漁船衝突事件では、主権を侵されるわ、普天間問題で国益を損ねるわ、東日本大震災では、すばやい救援どころか、情報を隠匿し、国民に余計な被害を与えるわ、復興は後手に回るは・・・・全く政権の体を成していません。

 

それどころか、安全確認もしないままで、大飯原発を始め、出来得る限りの原発を再開させる腹積もりです。閣僚の二転三転する発言がその証拠です。

また、国会議員や官僚の経費をカットは不十分なまま、消費税をアップさせようともしています。

 

もう一度言います。民主党は亡国政党です。

日本を滅亡に追い込み、日本国民を苦しめるだけの政党です。このような政党は潰れた方が日本のためです。次回の総選挙では、民主党だけには投票しないようにしましょう。

まあ、日本人は賢いですから分かっているとは思いますが・・・・。

 

もっとも、全ての民主党の国会議員がそうだと言うわけではありませんので、日本及び国民に奉仕しようという志のある議員は、民主党を離党していただきたい。

 

さて、次の総選挙の後、どのような政権ができるかわかりませんが、いずれにせよ今の民主党政権よりましでしょうから、その政権が成すべき政策を提言します。

といっても、簡単な事ばかりで、要は日本自身にやる気があるかどうか、国民が政治家にやらせる気があるかどうかだけの問題です。

 

今の日本は、その持てる力をフルに使って今の状態にあるわけではありません。もし、そうであれば、ギリシャのように深刻なものとなりますが、そうですね、

 

将棋で言えば、飛車角金銀抜きで戦っているような状態、
でしょう。

 

つまり、相当なハンディキャップを負っているという事です。これは、外交においても経済においてもそうです。しかし、このような不利な状態にありながら、何とか健闘しているのが日本です。

しかも、飛車角金銀は抜いているものの、手にしているのであり、使えばよいものを使おうともしないでいる。だから、日本はその持てる能力を半分も使っていない。

私が、あらためて日本及び日本人に感動していると言ったのはそういうことです。

 

一つだけ例を挙げておきます。

軍事無き外交は無力と言われます。背景に巨大な軍事力を持つほど、外交交渉は有利に進められるということです。全くその通りだと思います。

日本は憲法第九条で戦争放棄をしていますから、自衛隊は外交交渉において無力となります。

これを評論家は、外交カードを一つ失っているとよく言います。

『馬鹿か?』と私は思います。
全く逆です。日本は、強力な外交カードを保有しているのです。ただ、それを使おうとしないだけです。

『日本は憲法九条を改正して、自衛隊を国軍とする』と臭わせただけで、中国や北朝鮮だけでなく、アメリカにとっても大きな脅威となります。後は、交渉能力次第です。

この例は、外交部門における飛車角金銀の内の一つです。

 

さて、方や米国は70%、ロシアは85%、中国や韓国は100%持てる力をフル稼働している状態です。

詳しい事は追々言いますが、

中国は国内問題が相当深刻な状態であり、綱渡りの統治下にあります。何か不測の事態が起これば、経済成長どころか国内動乱の危機もあるでしょう。

これは外交の有力な持ちカードになります。

 

韓国は、異常なウォン安の下での経済成長ですから、日本が本気で円安政策を取れば、相対的にウォン高になり、たちまち経済危機となります。

そのことを予見した外貨準備金が少ない韓国は、過日日本との5兆円にも上るスワップ協定を日本に申し入れたのです。

このスワップ協定、豊富な外貨為準備金を持つ日本が恩恵を受けることはありませんから、事実上韓国支援と言う事になります。

韓国支援という点では、安住財務大臣の韓国国債の購入検討という発言もそうです。

これはむろん、大きな経済カードです。しかし今は、日本はこれを有効に活用していません。

 

さように、日本は余裕綽々?の状態にあるとも言えるのです。

 

まず、新政権がなすべき経済政策は、むろん円安政策です。

これは簡単な事で、真っ先に日本銀行に対して、紙幣を増刷するよう圧力を掛けるべきです。額は、インフレ懸念との兼ね合いですから、明確に言えませんが、100兆円も増刷すれば、円高から円安になり、デフレから脱却し、早急な消費税アップは見送る事ができ、併せて震災復興の資金も調達できます。そうですね、東北の復興には30兆円ぐらい割り当てたら良いと思います。

1ドル=100円程度の円安になりますから、家電や自動車といった輸出産業は恩恵を受けることになり、経済成長に寄与することになります。

 

リーマンショック以降、各国はこぞって自国の通貨の供給量を増やしました。アメリカは2.5倍、イギリスと韓国は3倍です。それに対して、日本はわずか1.2倍程度です。

 

つまり、他国に対して圧倒的に供給量が少ないのです。異常な円高のなるのは当然です。しかるに、日銀は頑なに円の増量をしません。先頃、10兆円?でしたか、他にもありましたでしょうか?

いずれにせよ、その程度です。

現在の日銀券発行残高は、昨年の9月の段階で約79兆円ですから、同じ経済規模の中国の約400兆円の5分の1です。100兆円増量してもまだ中国の半分です。問題は無いと思います。

 

では、なぜ日銀が渋るのかというと、金利の上昇を懸念とか、あのバブルのトラウマがあるのだといわれていますが、はたしてそれだけでしょうか。

 

私は、アメリカの圧力が掛かっているのではないかと考えています。米国の不況を救済するため、日本に円高を強要し、欧州も円高を支持している。

日銀が当てにならないのなら、政府が紙幣を発行して日銀で日本銀行券と交換すれば良いのですが、それもしない裏には、そういう事情があるからなのではないでかと睨んでいます。

 

 

続きは、次回とさせていただきますが、

 

昨日、お笑い芸人の河本準一の生活保護費の不正受給の謝罪会見がありましたが、

これはもう、悪質な詐欺的行為ですね。
認識が甘い?
あほか、と言いたくなります。私は週刊誌を読んでいませんので詳しい経緯は、ニュース報道でか知りませんが、その印象は、

『貰えるものは、貰っておけ』

という感じじゃないでしょうか。

これは私だけでなく、彼あるいは生活保護とは全く関係の無い立場の者の、共通した率直な感想だと思います。

この生活保護政策は、本来の意図とは掛け離れたものになっています。もともと、この政策は性善説にたって施策されていますが、不正受給している連中は明らかに性悪説の輩です。

残念ながら、日本も情けない社会になりました。改定が急がれます。

 

最後に、相変わらず、TVマスコミがく○ですね。

とくに、読売系の『ミヤネ屋』は片山さつき議員を非難するばかりか、河本の擁護までしていました。呆れてものが言えません。

片山議員の手法が問題というのなら、それはそれで糾弾すれば良いでしょうが、だからといって河本は免罪なのでしょうか?

実にばかばかしい。私には、彼らも同じ穴の狢に見えていました。

 

なんにせよ。この不正受給問題は、パンドラの箱ですから、開かれた以上今後の成り行きをしっかりと見守りましょう。

 

 

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress