MLB通信:イチロー、ヤンキース電撃移籍

朝、テレビを点けて、びっくり仰天しました。なんと、イチローがヤンキースへの移籍会見をしているではありませんか。
MLBに関しては、前半戦終了に、ダルビッシュを取り上げようと思っていたのですが、シーズン終了時まで先送りすることに決めました。ですから、シーズン途中でMLBの話題を取り上げることはないと思っていたのですが、さすがにこの移籍は避けて通れません。

むろん、私は大歓迎ですが、欲を言えば遅きに失した感が否めません。確か、昨年?だったか一昨年だったか、ヤンキースへの移籍が取り沙汰されたことがあったと思いますが、そのときに移籍していればなあ・・・・というのが正直な気持ちです。
でも、これから40歳を迎え、さらに超えての数年間、現役でプレイするためには、良い決断だったと思います。

それにしても、MLBっていうのはさすがに凄いですね。会見から数時間後、さっそくヤンキースのユニフォームを着て試合に出場するのですから・・・・・しかも、相手が古巣のマリナーズだなんて、舞台が出来過ぎでしょう。
そして、イチローが打席に立ったときの、スタンディングーオベーション。いやはや、イチローは、どれだけファンに愛されていたのでしょうか。

同じ、マリナーズの主砲だった、ヤンキースのA・ロドリゲスは、移籍当初から今日迄、
この試合でも強烈なブーイングを受けていました。A・ロドリゲスは、一応米国籍のはずで、この日本人であるイチローへの態度は稀有なことだと思われます。
まあ、A・ロドリゲスの場合は、当時のレートで年俸30億円の、10年契約というとんでもない大型契約でマリナーズを去って行きましたから、『金目当て』と非難されても仕方がありませんがね。

さて、イチローの成績については、論評するまでもないでしょう。凄い、の一言です。
何が凄いかと言えば、イチローは決して傑出した運動能力を持つアスリートではない、ということです。彼の運動能力を100とすれば、MLBには120、130の能力を持った選手は数多くいると思います。
しかし、コツコツと弛まぬ努力を重ねること、当り前のことを当たり前のように行う能力は、イチローを100とした場合、運動能力で彼と同等以上の選手たちは、皆50以下なのだと思います。ですから、トータルすればイチローの方が上回り、MLB史上に残るような大記録を打ち立てることが出来たのでしょう。

日本人は、身体能力では黒人に劣り、体格、パワーでは白人に劣ります。これは民族的劣勢ですから、今後も如何ともできません。しかしイチローは、日本人でも努力し続ければ、黒人、白人にも勝ることを証明して見せました。
もちろん、これは野球に限ったことではありません。水泳では、すでに北島がそれを証明し、近年では香川がサッカーにおいて証明しようとしています。また、スポーツに限らず、科学技術の、何十年後かに成果が出るか出ないか、といった基礎研究なども、日本人が得意とする分野でしょう。
日本人が世界から称賛されるのも、イチローがマリナーズのファンから愛されるのも、こうした献身、努力、謙遜、といったことに加え、忍耐、忠誠、誠実といった美徳が、彼らの心を捉えて離さないからでしょう。

さあ、ヤンキース移籍で、モチベーションを取り戻したであろうイチローの今後の活躍に期待しましょう。
当面は、日米通算の参考記録ではありますが、MLB記録であるタイカップの4,189安打の更新と、MLBでの通算3,000安打の達成ですかね。いずれも、今年を含めてここ3年が勝負です。

やしきたかじん・ゆめいらんかね

食道癌の治療のため、休養してから早くも半年が過ぎました。
意外な復帰の遅れに、ファンである私は、大丈夫なのだろうか?と心配している今日この頃です。

私が、たかじんに親近感を覚えるのは、彼の歌や毒舌ではありません。もちろん彼の歌は好きですが、言われるほど毒舌ではないと思いますし、特に読売テレビ系列の『そこまで言って委員会』では、彼はほとんど自分の意見を言っていません。

私が、彼のファンである理由は、彼の夜の遊び方にシンパシーを覚えるからです。
彼は、よく番組中で『北新地』のクラブの名を挙げています。『城』、『小野』、『ピアジェ』・・・・実は、かつて私もそれらの店で遊んでいたのです。
たかじんが北新地で本格的に飲み始めたのは、私より古いはずですから、一度ぐらいは出会っていてもおかしくはないのですが、残念ながら一度も出会っていません。道ですれ違ったことさえありませんでした。

私が、一時期とはいえ、足繁く北新地に通った理由は、むろんプライベートの遊びではなく、会社の接待と、何と言っても師の猟官運動のためでした。
猟官運動と言うと、少し違和感を覚えますが、実はその頃、師は京都のある本山の貫主(トップ)に就く予定でした。ところが、ちょっとした手違いで、数人の印が必要となり、と言っても只者の数人ではないので、その印を貰うために、相手を接待漬けにせざるを得ず、私もその渦中に居たということなのです。

さて、たかじんがしばしば話している遊び方も、これがまた私と良く似ていました。
さすがに、私には、
『わざと《ぼったくりバー》に入り、ビール2本で《6万円》を請求されると、
《ぼったくりバーにしては、根性が無いな》
と言って、20万円を支払った』
などという豪気な逸話はありませんが、もう一つのテナントビル一棟の全てのスナックを一晩で飲み回ったというのは、私にも経験があります。

もっとも、彼のように一晩で十数軒というのは無理でしたが、二晩で12軒、つまり一晩で6軒というのはありました。しかも、私の場合は全ての店でボトルキープをしましたので、その点だけはたかじんに勝っているかもしれません。何をもって『勝っている』のかはわかりませんが・・・・(笑)

前置きが長くなりましたが、私が彼の曲の中で最も好きな曲は、『ゆめいらんかね』です。
たかじんのファンでない人は、知らないかもしれませんね。
『なめとんか』、『未練』、『ヤッパ好きやねん』、『ICHIZU』、『東京』・・・・彼の代表作は多くありますからね。

優しい女が 一人居た
愛していたし 愛されていた
春になれば アパート借りて
二人で暮らす 約束だった

ゆめひとつ いらんかね
ゆめひとつ いらんかね・・・・

不幸は こっそりやって来て
知らんふりして 通り過ぎる
ある日のデート 姿を見せず
女はそれっきり どこかへ消えた

とりたての涙 いらんかね
とりたての涙 いらんかね・・・・

訳も知らずに 残された
思い出と私 二人きり
ほうけた男が やさしい女を
あれからずっと 探してる

やさしい女 知らんかね
やさしい女 知らんかね・・・・

ゆめひとつ いらんかね
ゆめひとつ いらんかね・・・・
とりたての涙 いらんかね
やさしい女 知らんかね

この曲以外の、いわゆる『濃い』あるいは、『ドロドロ』とした感じの歌詞とは違い、表面上は『さらっ』とした歌詞なのですが、それがたかじんの歌唱力とマッチすると、非常な『哀愁』を醸し出すので、私は好きですね。
もっとも、相当な歌唱力がないと人の心には響かないと思われますので、私は一度も歌ったことがありません。
是非、一度聞いて見て下さい。たかじんの一日も早い復帰を願って止みません。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress