野球賭博と拉致監禁:その1

『大相撲』のときに、私は野球賭博で、警察の家宅捜索と事情聴取を受けたと述べましたが、いよいよその事件について語ろうと思います。
ただし、当然のことながら、この事件には様々な人物が関わっており、裏社会の関係者も登場しますので、これまでにも増して、匿名性を高めさせていただきます。

まず、この話を私に持ち込んだのは、いわゆる『街金』に勤めていたAという男です。このA、以前私がヤクザとの揉め事から救ってやったことがあったのです。
Aは、あるミナミの、クラブというかラウンジというか、ともかく飲み屋の黒服をしていました。私は師のお供で、良くこの店に通っており、顔馴染みになっていたのです。

あるとき、そのAから突然電話がありました。相談に乗って欲しいというのです。
その相談とは、ヤクザから『追い込み』を掛けられて困っているというものでした。詳しく話を聞くと、独立を焦ったAは、スナックの又借りをしたというのです。又借りというのは、正式な店舗の借主から借りるということです。
ビルやテナントのオーナーの審査を受けることがないので、手軽に店舗経営が始められるのですが、逆に元借主に一定の配当を義務付けられるので、相当額の売上が見込めないと危険な手段です。

しかも、元借主がヤクザ関係者だったため、一般より法外な条件を付けられていました。冷静に考えれば、危ない話だと分かるのでしょうが、自分の店を持ちたい欲望で、目が濁っていたのでしょうね。

ヤクザに滞納した金額は百数十万でした。
私が中に入って交渉し、八十万円の一括払いということで話を付けました。元々が法外な配当の要求でしたので、一般レベルよりやや高額に計算し直して、交渉したのです。
Aは、金を掻き集めても三十万円ほどしか都合出来なかったので、私が50万円を貸してやりました。その後、Aは水商売から足を洗い、昼間の仕事をして50万円は返済してくれました。
そのAが、数年振りに電話を掛けてきたのでした。

Aの用件は、『街金』の経営者に会って欲しいというものでした。現在、経営者・Nは大きな事業と取り組んでおり、私に助力を願いたいというのです。Nが計画する事業は画期的なもので、私にも大きな利益が配分されることになり、以前受けた恩を返したいとも付け加えました。

後日、私はそのNと会うことになったのですが、それが驚きの人物だったのです。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress