サッカー日本代表・ブラジルW杯ベスト4への道:その5・香川ハットトリック

いやあ、こんな日がやって来るとは・・・・。
もうお分かりだと思いますが、私はサッカー不毛の時代を知る人間です。子供の頃は、あの伝説のサッカー番組『ダイヤモンド・サッカ-』を見てイングランドサッカーに憧れていた少年でした。

とにかく日本は弱った。韓国どころか、シンガポールやマレーシアにさえ苦杯を舐めるようなことが多々有った時代でした。
転機となったのは言うまでもなくプロリーグ・Jリーグの創設です。しかし、僅か20年で、ドイツ・ブンデスリーグで2連覇の立役者となり、現在最高峰のプレミアリーグの、これまた世界ビッグ3のクラブ・マンチェスター・ユナイテッドに移籍する選手が生まれるなんてとても信じられないことでした。

しかし、ドルトムントでは王様だった香川も、さすがに各国の代表選手が揃うマン・Uでは遠慮があったのか、ドルトムントとはサッカースタイルが違っていて戸惑ったのか、
なかなかチーム戦術に溶け込めず、また膝の怪我もあって、本領を発揮することができませんでした。

今季はこのままで、少しは馴れる来季に期待しようと思った矢先のこの活躍のニュースです。嬉しい限りです。
ファーガソン監督もほっとしたことでしょうね。香川はファーガソンが願って獲得した選手です。その発端は、私は2010-2011シーズンのCL決勝、対バルセロナ戦での完敗と見ています。

あの試合でサッカーレベルの差を痛感したファーガソンは、残り少ない監督人生の最後の賭けとして、バルセロナのようなパスサッカーを目指すことを決意したのだと思います。
そして、ピースを捜し求め、その一人として香川に白羽の矢を立てた。

日本人にはわからないかもしれませんが、いまだに白人の間には、黄色人種に対する人種差別はあります。とくに黒人選手に対するファン、サポーターからの侮蔑的発言は相次いでいます。

日本人はいちおう『名誉白人』として、他のアジア諸国とは区別されていますが、それでも心底では差別されていると思います。
つまり、日本人選手がマン・Uの中心選手になることに反感を持つサポーターも多いと見なければなりません。その声を封じ込めるためには、圧倒的な活躍、結果を残すことですが、これまでの低調なパフォーマンスでは、非難の的にされても仕方が無い状況になる可能性がありました。

もちろん、『サー』の称号を与えられ、圧倒的な権力を持つファーガソンに対して、正面だって非難することはできませんから、その矛先は香川本人に向かうことだったでしょう。
その危機も、このハットトリックで暫くは封印することができました。

後は今週のCL・レアルマドリード戦ですね。出場するかどうかはわかりませんが、(今回の活躍が無ければ、最悪ベンチ外だったかもしれませんが、少なくともこれでベンチには入ることが決定したと思います)得点したらレギュラーの座が確定的になるのですが・・・・。

ところで、今世紀に入ってマン・Uでハットトリックを決めた選手ですが、以下の通りになります。

MF 香川真司(日本)
FW ロビン・ファン・ペルシ(オランダ)
FW ディミタール・ベルバトフ(ブルガリア)
FW ウェイン・ルーニー(イングランド)
FW マイケル・オーウェン(イングランド)
FW カルロス・テベス(アルゼンチン)
FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
FW ルート・ファン・ニステルローイ(オランダ)
MF ポール・スコールズ(イングランド)
FW オーレ・グンナー・スールシャール(ノルウェー)
FW ドワイト・ヨーク(トリニダード・トバゴ)

見ての通り偉大な選手ばかりです。香川はこの選手たちの仲間入りをしたのです。しかも、MFでは、ポール・スコールズ以来10年ぶりのことです。

さて、ノリッジ戦ですが、華麗なパス回しが目立っていました。これこそがファーガソン監督が2年前のCL決勝敗戦後に描いたサッカースタイルです。
香川が加入して、マン・Uのサッカーは確実に変わりつつあります。現地のサポーターたちもマン・Uのサッカーが一段レベルアップしたことを実感したことでしょう。

最後に、昨夜のスポーツ番組ですが、テレ朝系の『やべっちFC』はともかく、フジ系の『すぽると!』、日テレ系の『Going!・・・・』ではトップニュース、テレ東系の『ネオスポーツ』は、ちょっと変わっていて、どうわけか女子ジャンプの次だったのですが(テレ東なんで許しましょう)、TBS系の『S☆1』に至っては、糞番組ですな。
WBCの特番を長々とやった後、なんとマラソンが先とは・・・・こういった糞番組は見ないようにしましょう。といっても私自身がチェックしているわけなので・・・・そうですね、クレームを入れましょう。

MCが爆笑問題の田中に代わる前は、サッカーの話題もそれなりに多かったのですが、こいつになってから野球、それも巨人の話題が多くなりムカついています。プロデユーサーまたはディレクターが代わったのか、田中糞野郎の影響なのか・・・・ともかくこのような番組は一刻も早く終了して欲しいものです。

もちろん、WBCの話題を取り上げるのはいっこうに構わないのです。ですが、香川の成し遂げた価値を全くわかっていないことに腹が立つのです。

香川の話題が長くなりましたので、リーグの総括は明日にします。

どうする日本、どうなる世界


黒い聖域第一巻本妙寺の変


黒い聖域第二巻裏切りの影

第1巻は無料です。


「黒い聖域」ダウンロードページ



 


Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress