阪神タイガースは巻き返せるか?:その5・OP戦4連勝

阪神がOP戦好調です。
などと書いても虚しいのですが、久々にプロ野球に心が動いている自分がいます。今年は阪神戦を見てみようかなという気になっています。ここ数年無かったことです。きっかけは、もちろん藤浪晋太郎の入団です。

そこで、昔よくやった打撃オーダーと投手編成を考えてみたくなりました。

打撃オーダー
1. 鳥 谷  (左) 遊
2.西 岡  (両) 二
3.新井貴  (右) 一
4.福 留  (左) 右
5.マートン (右) 右
6.コンラッド(両) 三
7.伊藤隼  (左) 中/ 大和(右)
8.藤 井  (右) 捕

となりそうです。コンラッドが不振の場合は、新井良がそのままサードに入ることになるでしょうし、コンラッドが本物であれば、新井貴と入れ替わるかしれませんし、新井貴の調整が間に合わなければ、新井良がそのまま入るでしょう。

私は、4番は福留の固定で良いと思います。甲子園ですので、本塁打は期待できませんが、彼の勝負強さは一流ですので、昨シーズン満塁での打率が1割台の新井良よりは数段マシです。新井良のようなキャラクターの選手は6番あたりで、伸び伸びとやらせることが上策です。

昨シーズンと比較すれば、
OUT 金本、ブラゼル
IN  西岡、福留、コンラッド
ですが、金本は肩の故障からほとんど働いていませんので、実質は+2人ということになります。オープン戦での外国人の活躍ほど当てにならないものはありませんから、コンラッドを念頭から外しても、西岡と福留の加入は大きいですね。

日本球界にいた頃の実績は申し分なしですし、二人とも走力もあって守備も計算できる。とくに西岡は盗塁王も狙えるでしょうし、福留の守備は超一流です。もし、コンラッドがそれなりに戦力になるとすれば、打順にスイッチヒッターが二人も並ぶという、日本の球界では珍しいオーダーもになります。(MLBでは二人など珍しくなく、三人いるときもあります)

下位では伊藤隼の成長が著しいようです。本来、大学NO1の有望選手として、昨年入団したのですが、昨シーズンは実力の片鱗も見せられずに終わってしまいました。今年はやりそうですね。左投手に滅法強い大和と併用されそうです。

続いて、投手陣。

先発
能 見    (左)
岩 田    (左)
メッセンジャー(右)
スタンリッジ (右)
――――――――――
藤 浪    (右)
榎 田    (左) 

リリーフ
?????

セットアップ
福原

クローザー
久 保    (右)

ですかね。先発の上記四人は確定でしょうが、残る二枠は、開幕当初は藤浪と榎田で行くと思います。左右三人ずつとバランスも良いですしね。
藤浪は故障さえなければ10勝以上すると思います。金村あたりが酷評しているようですが、金村なんぞ、サッカー界でいえば、武田修みたいなものですから、全く信用信頼に値しません。共に本人自身の能力はすばらしいのに、コーチングの能力は皆無という、典型的な『名選手、必ずしも名コーチならず』ですな。

藤浪は、あの辛口の江夏が絶賛したほどの逸材ですから二、三年後、そうですね、次のWBCには日本のエースとなっているでしょう。

リリーフ陣は、入れ替えが激しいと思われますので、記載は止めました。

クローザーの久保は適任だと思います。彼は、その気になれば150キロ以上の速球を投げ込むことができますし、球種も豊富でコントロールも抜群です。
尚且つ、彼のセットポジションでのクイックは日本一の速さですから、緊迫した場面でランナーを出しても、まず盗塁される心配がありません。気の強さも折り紙つきですから、これ以上無い適任者です。

唯一の欠点は性格にムラがあることで、先発だとどうしても気の抜けたイニングがあり、大量失点をすることが多かったのですが、それもクローザーという一イニング限定だと、問題がなくなります。

こうしてみると、戦力的には整ったようですので十分戦えそうですが、問題は選手層でしょうね。怪我人が二人、三人と出れば苦戦しそうです。ただ、Aクラスは間違いないと思いますし、移籍一年目で張り切っている西岡、福留の活躍次第で、それにコンラッドが本物であれば、さらに藤浪が10勝以上するようであれば、優勝もありえるかもしれません。多くの条件付きですがね・・・・(笑)


黒い聖域第一巻本妙寺の変


黒い聖域第二巻裏切りの影

第1巻は無料です。


「黒い聖域」ダウンロードページ



 


Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress