サッカー日本代表・10月欧州遠征

『サッカー日本代表・10月欧州遠征』

遅まきながら今月の欧州遠征についてですが、大まかな感想を言えば「日本の代表によくあるパターンで負けた」ということですかね。
セルビアもベラルーシもW杯予選敗退国ですが、両国の実力は違います。私はセルビア戦は引き分け、ベラルーシ戦は勝利と予想していましたが、結果は2戦とも敗れました。

両試合に共通するのは、ボール支配率が60%を超えながら、カウンターに沈んだということでしょう。まあ、昨年のフランス戦の逆になったわけですが、それはともかくA代表だけでなく各世代に見られる試合内容です。U-17W杯の決勝T1回戦のスウェーデン戦が、さらにその傾向が色濃い試合でした。

もう少し細かく見ていきますと、期待の柿谷ですが、ほぼ初めての本格合流にしては連携が取れてはいますが、さすがに前田との関係のようには行きません。そもそも、これまでの代表のFWは前田でしたが、彼は万能タイプであり、DFの裏へ飛び出すタイプではありませんし、ハーフナーは完全なポストタイプです。これまで、裏への飛び出しの形はほとんど試していなかったのです。(2列目の追い越しはありますが・・・・)

つまり、今柿谷と模索している形は、ほとんど初めての試みです。しかも、柿谷自身も広島の佐藤寿人のように純粋な抜け出しタイプではなく、前田のように高度な技術に裏付けられた万能タイプです。前田より、やや裏への抜け出しが上手いという程度でしょうか。前にも書きましたが、私は、柿谷は2列目またはセカンドタイプのFWが適性だと思っています。ともかく、このまま柿谷の1トップで行くのであれば、彼の能力の高さに期待し、あと半年でなんとか高度な連携が取れるようになることを期待するしかありません。

しかし、DFは相変わらず低調ですね。このまま吉田と今野の固定でいくのでしょうか。DFだけでなくザック監督が本格的にメンバーを変更、テストしたのは柿谷だけという、なんという膠着ぶりでしょう。これを不安視する評論家諸氏、解説者は少なくありません。
中には監督交代を声高に叫ぶ者もいます。私は監督解任には反対でしたが、少なくともコンフェデ杯以降はもっとダイナミックに選手をテストすると期待していましたので、ガックリ感が強いのも否定できません。

サック監督の解任論、代表選考の是非はともかく、話をチームに戻しますと、この2戦の丁重なパフォーマンスを好意的に捉えれば、何事にもバイオリズムというのがありますから、この時期は低調の方が良いのかもしれないということですか。今年一杯低調で、年明けから上向き始め、6月にピークを迎える。そういう風に捉えることもできるでしょう。
ただ、11月のオランダとベルギーとの2戦は楽しみで、案外良い内容を見せるような気もします。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress