楽天・田中将大投手と糞マスコミ

『楽天・田中将大投手と糞マスコミ』

楽天・田中投手のメジャー移籍を巡って、また馬鹿マスコミが醜態を晒しています。
彼の移籍金、契約金を『円』のみで報道していることです。むろん、彼に関する数字だけであれば、それほど問題ではありませんが、これをイチローや松坂、ダルビッシュのそれと比較するのに円のみを用いるとはなんという馬鹿ぶりでしょう。

以前にも書きましたが、普段あれほど毎日、毎ニュース番組中に円/ドルの為替レートを報道しているくせに、肝心の数字は円だけで報道する。この場合の円に何の意味があると言うのでしょうか。

今シーズンの田中投手の成績は素晴らしいものだし、MLBの注目も相当なものがあるでしょう。松坂やダルビッシュより『凄い』ということを誇張したいのかもしれません。少なくとも今年の成績が二人を凌駕しているのは事実です。ですが、それでもドルで報道するのが当たり前で、わかりずらいというのであれば、当時の為替レートを表記したうえで円を並立表記すべきでしょう。

中にはそのようにしていた番組も有りましたが、私が見た限りでは、1番組に過ぎず、報道ステーションやニュースZEROといった代表的?な番組は円報道のみでした。本当に呆れてしまいます。

私の記憶が正しければ(間違っていたらすみません)、ダルビッシュのときは1ドル=80円ちょっとだったと思います。現在は1ドル=97円程度。つまり、2割ほど円安、ドル高であり、当然田中投手の方が2割高となるのです。
たぶん、それを差し引いても田中投手の方が高額になるでしょうが、だからいい加減な報道で良いということにはなりません。

常々思うのですが、当時の為替レート調べることは簡単なことですから、なぜ円のみの報道で済ますのか、制作者側の意図が理解できません。報道番組には多くのスタッフがいるはずです。打ち合わせや会議のときに異論を唱える人間が誰もいないのでしょうか。そんな馬鹿ばかりの集まりなのでしょうか。

決してそのようなことはないでしょうから、たぶん権力を持つ誰かの意図が反映されているのでしょう。つまり、そのニュースの話題の人物がより注目を浴びるように都合の良い数字だけを用いているのでしょう。穿った見方をすればそう考えざるを得ません。

これを、些細なことだと笑って済ますことはできません。こういった一種の詐欺紛いの報道がまかり通るマスコミ体質であればこそ、かつての朝日新聞による『従軍慰安婦』といった重大な捏造報道が起こったのです。今も体質は変わっていないようです。私がマスコミ嫌いな理由の一つです。

さて、今シーズンの田中投手成績ですが、これはもう論評のしようがないでしょう。陳腐な言葉ですが『神がかり』というしか他に形容のしようがありません。かつての、例えば金田、稲尾、米田、村山、江夏、江川、松坂、ダツビッシュ・・・・・らも無しえなかった偉業ですから、どれほど称賛されても、され尽くしたということはないと思います。

ただ、問題は来シーズンですね。
私はMLBに行くべきだと思っています。というか、仮に来シーズン日本での成績が振るわなかったら・・・・モチベーションも含めてその可能性は十分にある・・・・いわゆる『ゾーン』から抜け出てしまうような気がしますので、是非とも来シーズンMLBに移籍し、15勝以上の成績を収めて欲しい。そうなれば、投手としての格は完全にダルビッシュと肩を並べることになり、現役日本人最高として双璧となるでしょう。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress