小沢一郎

今日は、重大な判決があったので、それをテーマにしたいと思います。

 

今朝、小沢氏に『無罪』の判決が出ました。これに関しては、至極当然のことで、もし有罪にでもなれば、司法の自殺となったことでしょう。

 

まず、私の立場を明らかにしておきますと、個人的には反小沢です。理由は、感情的なものではなく、彼の政治姿勢や手法、政策が私の哲学と相容れないからです。これに関しては、今後も触れることがあると思います。

 

しかし、個人の立場や感情と、法とは全く別物です。ところが、世論は混同しマスコミは迎合する。小沢憎しで凝り固まっているとしか思えません。

まず、今回の嫌疑である、『政治資金収支報告書の虚偽記載』は、本来東京地検特捜部が動くような犯罪ではなく、修正申告で済む話です。

 

それを特捜が動いたということは、結果的に小沢氏側の『政権交代阻止で一致した官僚の陰謀』という主張もあながち間違いではない気がします。

結果は、不起訴になったのですが、国民感情がそれを許さず、検察審査会による起訴となったわけです。

これはもう裁判の体をなしてはいません。『疑わしきは罰せず』というのが裁判の原則であり、確たる物証もないどころか、状況証拠も薄く、ただ小沢氏の悪のイメージが先行しての起訴であるとしか思えません。

そして、唯一の拠り所だった元秘書である石川被告の供述も、捏造というか誘導性が高いということで、証拠不採用になってしまいました。なんという御粗末さ、まさに茶番劇です。

 

とはいえ、小沢氏は全くの無罪放免というわけではありません。民間人であれば、これで終了ですが、公人である小沢氏には刑事的責任とは別に、政治的責任というのがあります。元秘書が三人も逮捕されたという道義的責任もあります。

元々、彼が国会などで資金の流れについて明確な説明をしていれば、検察審議会による起訴などありえなかったわけですから・・・・。

 

自民党は、引き続き国会での証言を求めて行く方針のようですが、もし小沢氏が裁判での無罪を盾にしてこれを無視し、今後この問題に一切に口を噤むのであれば、国民に出来る残りの手段はただ一つ。政治的、道義的責任を問う形で、選挙で落選させることです。それが、民主国家の正しい方法です。

ただ、地元、岩手県での小沢氏の地盤は磐石でしょうから、彼は落選しないでしょう。しかし、彼を取り巻く議員たち、とくに小沢チルドレンと言われる議員たちを落選させることは可能です。そうして、小沢氏の政治的影響力を小さくし、事実上政治生命を絶つのです。

もう一度言いますが、あくまでも小沢氏が、明確で合理的な説明をしなかった場合ですよ。

 

本来、小沢グループの議員たちが、本当に小沢氏の無罪を信じていたのなら、国会で説明するよう進言しなければならなかった。それもせず、ただ裁判で無罪になったからといって、鬼の首でも獲ったかのような態度には虫唾が奔ります。半ば、彼らも同罪のようなものです。(言い過ぎかな・・・・?)

 

さて、私の親族らも皆小沢嫌いのようで、彼のニュースが報道されると、一応に批判を始めます。たいていが金に汚いという言い分なのですが、そういう親族たちに私は必ずこう問うのです。

『金にきれいで女性問題も無い、いわゆる清廉潔白だが無能で国益を損ねる首相と、愛人を囲い賄賂の臭いもするが、国益を図ることのできる有能な首相と、どちらが良いか。例えば、5億円ぐらいの賄賂を貰っても、1000億円の国益を生めばどうか、1兆円ならどうか・・・・』と。

 

誤解のないように言いますと、鳩山氏も菅氏も決して身奇麗ではありません。鳩山氏は、いわゆる御小遣い問題がありましたし、菅氏には外国人からの献金問題があります。また一方で、小沢氏の政策が国益に資するとは思えませんので、この三人を例えているわけではありません。あくまでも、究極のたとえです。

 

 

すると、親族たちは一応に黙ってしまいます。鳩山氏や菅氏が、あまりにも無能だったことをあらためて認識し、ロッキード事件で逮捕された田中角栄氏を思い出すのです。

親族らは、田中角栄氏には今でも好感を抱いているようで、私の問いに自己矛盾を感じるのです。

 

しかし、とかく日本人は軽微な事に神経質過ぎます。政治家に聖人君主を求め過ぎます。世論を反映してか、マスコミも収賄などの重罪ならともかく、収支報告書の記載ミスなどの形式犯や女性問題で、すぐに政治家を叩きます。その結果、清濁併せ呑む豪放磊落な政治家がいなくなり、小粒で胆力のない政治家ばかりが残ってしまいした。

日本国内だけの問題であれば、それでも良いでしょう。しかし、想像して見て下さい。

いくら東大出身で頭脳明晰でも、純粋培養のもやしっ子のような政治家が、北朝鮮の金正日(亡くなりましたが)、中国の胡錦濤、ロシアのプーチンら、まるで悪の権化のような曲者を相手に、丁々発止の駆け引きをして、日本の国益を守る交渉が出来ると思いますか?

少なくとも、鳩山氏や菅氏では、無理だとわかるでしょう。彼らなら、まだ小沢氏の方がましです。

 

現実に、普天間問題で日本がどれだけの国益を損ねたか、考えて見て下さい。いや、鳩山氏の考えは、正しいのです。私も支持します。ですが、方法論とコンセンサスがないまま独断専行してしまうこの幼稚さ。これが国益を損ねるのです、非常に危ういのです。

 

小粒になったのは、政治家だけではありません。官僚も、財界人も同様です。それはつまり日本人自身の質の低下ということなのでしょう。このままでは、日本の未来は暗いと言わざるを得ません。

起死回生の方法は、ただ一つ、教育です。国家百年の体系は教育しかありません。それについてはいずれまた・・・・。

 

さて、またマスコミ批判を一つ。

テレビ朝日の『ワイド・スクランブル』。これには唖然としました。

トップの話題が、『小沢氏の判決』でもなく、『京都の警察による被害者リスト漏洩問題』でもなく、『長谷川理恵の熱愛』だって・・・・。しかも、妊娠?という話題です。呆れて物が言えません。

内容から、もし彼女が妊娠していれば、これって完全に二股ですよね?

妊娠していなくても、二股の可能性が高いし、二股でなくても、別れて二ヶ月ですよね?しかも、彼女は神田正輝氏とは結婚を切望していたわけですよね?

それが、簡単に気持ちの切り替えが出来るのですか?

恋多き女?誤魔化しに過ぎません。反感を覚悟で言えば、私の目には単なる『色情女』にしか映りません。

 

それを、出演者は、挙って満面の笑顔を浮かべ、祝福モードで放送している。ただ一言だけ、福岡翼?氏のコメントを流したときに、『二股・・・・』という言葉が出ましたが、スタジオではそのことに触れませんでした。

これらが異様な光景に映ったのは私だけなのでしょうか?私の神経の方が異常なのでしょうか?

国民の関心があるようなので、放送自体をどうのこうのと言っているわけではありません。百歩譲って祝福モードでも良いでしょう。しかし、せめて上記の重要な話題の後にしてもらいたかった。そうでないと、二つの話題の重要性が著しく薄れてしまう。彼女の話題の後では、法廷問題や、警察の不祥事の真実が伝わり難くなる弊害が出てしまいかねない。

 

私は、芸能ニュースと政治や事件のニュースを同一番組で扱うことに反対ですが、もし扱うのであれば、放送の順番を考慮するとか、深刻な事件と芸能ニュースの間にはCMを挟むとかの配慮をしたうえで、視聴者に混乱や誤解を生じさせない放送に取り組んで欲しいと思います。

 

古い話ですが、かつて社会評論家の大宅壮一氏が『一億人総白痴化』という流行語を生み出しましたが、昨今の番組の質の低下を見るに付け、当を得ているようで、暗澹たる思いになります。

 

もっとも、若い世代のテレビ離れは顕著ですし、案外彼らはインターネットなどで真実に触れているような気もします。それがせめてもの救いでしょうか。

 

 

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress