マドンナ・その1

ゴールデン・ウィークが始まりましたね。

私は、今年も出掛ける予定がなく、虚しくPCと向かい合っています。

 

折角の連休初日なので、あまり堅苦しい話題は止めました。と言っても、この話題も鬱陶しいだけかもしれませんが・・・・。

 

題して『日本最美少女列伝:マドンナ・その1』です。

 

マドンナ・・・・これも死語なのでしょうか?

男子の誰もが憧れる存在。彼女にしたいが、高嶺の花で、声を掛けることすらできない。マドンナとは、そのような存在でしょうか。

ただ、美形というだけでなく、知的で近づき難いオーラを纏い、出来ればスポーツも万能。これだけ揃えばもう十分ですが、さらに駄目を押すとなると、深窓のお嬢様という肩書きでしょうか。

ここまでハードルが上がると、滅多なことでは出会えませんが、実は高校時代、私はこれらの条件を全て満たした女性に出会ったのです。

 

目鼻立ちの整った正統派の美人。

身長は165センチほどで、スラリとした体型ですが、豊満な胸。

色白でロングヘアー。

そうですね、女優に例えるなら、古くなりますが、映画『愛と誠』の愛役の池上季実子をもっと整った顔立ちにした感じですね。
(TVを見ていたら、Going!Sportのお天気コーナーの『佐藤ありさ』をもう少し整った顔立ちにした感じですかね)

 

しかも、深窓のお嬢様という点では、祖父が重要閣僚や自民党の役職を務め、叔父は内閣官房長官や自民党の幹事長を務めた大物議員という、正真正銘、生粋の良家のお嬢様でした。

その、彼女との不思議な関係。精神の病に罹っていた私に、神からのプレゼントのような出来事。

今回は、私のノスタルジーにお付き合い下さい。

 

私が通った高校は、県下一の名門進学校で、東大の前身である東京帝国大学より前に創設されたほどの歴史を持つ伝統校でした。

上位の100番目だったか、200百番目までだったか、テストの成績上位者が張り出され、学力によってクラスが再編成されるという高校でした。3年生の1学期までに、教科書は全て終了し、以降はひたすら学校側が作成した予想問題集を解いていました。

 

夏休みは、前後それぞれ1週間から10日間削られ、3年生のときは、通常の6時限+補修の2時限、合計8時限の授業を受けていました。補修科目は選択制です。

当然、修学旅行などはありません。ただその分、体育祭と文化祭は大掛かりに行われていました。

 

私が初めてマドンナと出会ったのは、むろん入学してからですが、親しく言葉を交わすようになったのは、2年生のとき同じクラスになってからです。

1年生のときに、彼女の噂はいろいろとで出回っていましたので、実際に同じクラスになったときは、彼女でもないのに胸がときめいたのを憶えています。

 

さて、1学期の初日の事でした。彼女が同じクラスになったことで、少なからず興奮を覚えていたところに、この日とんでもない事が起こったのです。

朝礼の前に席替えを行ったのですが、なんと彼女が私の隣の席になった男性と代わるよう願い出て、私の右横の席に着いたのです。

『どういうこと?』

明らかに彼女の方から私に近付いて来たのですから、頭が混乱するのも無理はないでしょう。

『彼女は俺に気が有るのか?まさか・・・・』

噂で、彼女には中学校時代から付き合っている彼がいると聞いていました。私の目から見ても『ハンサム』な男性でした。その彼女が私に気があることなど有り得ないことでした。

 

ところが、授業の合間の休憩時間になると、今度は彼女から話し掛けて来るではありませんか。彼女から根掘り葉掘り聞かれ、私はますます舞い上がってしまい、とても授業どころではありませんでした。

 

そのような日が、しばらく続いた後、彼女があらたまった物言いになりました。私は、

『まさか、告白か?』

と、口から心臓が飛び出すかと思うくらい緊張しながら、彼女を注視していました。

すると、彼女は少しはにかみながら、

『安岡君(実際は本名です)って、A君と親しいでしょう?』

と言ったのです。

『そういうことか・・・・』

私が彼女の真意を悟るには、その言葉で十分でした。

 

Aと言うのは、私の中学からの大親友で、これまたとにかくかっこいい男でした。

そうですね、全体の雰囲気は若い頃の福山雅治でしょうか。顔立ちも彼と竹野内豊の良い点を合わせた感じと言えば言い過ぎかもしれませんが、それぐらい良い男でいた。

身長は180センチ、2年生ながらテニス部の主将を務めるほど人望があり、頭脳の方は成績によって再編成される9クラスの他に、特別に設けられた、3年間同じメンバーで過ごす、特級クラスの一員でした。

性格はといえば、それだけ恵まれていながら、傲慢なところが微塵もなく、温厚で人に気遣いのできる男でした。まさに、非の打ち所のない男だったのです。

 

私は小学校の頃からAに憧れていました。

サッカー、バスケット(ポートボール)、陸上競技・・・・6つの小学校対抗戦のとき、必ずAの小学校と私の小学校が決勝戦を戦ったのですが、彼はそのライバル校のエースだったのです。

私は、エースではなく2番手の位置付けでしたが、とにかくAはかっこ良かった。

私を始め、ほとんどの男子が前髪を額のところで揃える、『おかっぱ風』の髪型をしていたのですが,彼だけはやや長髪で、センター分けしていたのです。

 

中学時代、そのAと私は仲良くなり、特に3年生のときは、生徒会長になった彼が、私を議長に推薦したため、彼と2人で様々な行事を仕切って行きました。

成績、スポーツ、容姿、性格、すべてにおいて私を凌駕するAは、私にとってライバルなどではなく、憧れの存在であり、雲の上の男でした。

 

マドンナは、私にそのAを紹介して欲しいというのです。彼女は中学から付き合っていた彼と別れてまで、Aと付き合いたいというのです。

私にすれば、悔しいとか落胆とか嫉妬とかという感情はありませんでした。(いや、少なくともこの時点では、と注釈して置きましょう。)

ですから、私は喜んでマドンナにAを紹介しました。まさに、典型的な美男美女のカップルの誕生でした。

 

しかし、半年後の秋、マドンナと私は恋人同士になるのです。それはいったいどういうことなのか?

申し訳ありませんが、この続きはいずれとさせていただきます。

 

 

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress