怪奇現象

昨日のホテルでの出来事を書いていて、あることを思い出しました。

以前、私には霊能力がなく、霊を見たこともないと書きましたが、一度だけそれらしき現象に遭ったことがあるのです。

 

それは、東京の新宿にあるホテルでのことでした。

その頃は、得意先の近くにあるホテルを定宿にしており、フロントの従業員とも顔見知りになっていました。

 

ある日、急に宿泊することになり、予約をせずにホテルへ向かったのですが、あいにく満室とのことでした。

ただ、フロント係が、

『ちょっと狭いのですが、その部屋で宜しければ、半額の料金で結構です』

と言ったので、私は一も二もなく了承しました。どうせ、一晩だけですから、少々狭くても料金が半額なら・・・・と思ったのです。

 

確かに、その部屋は変わっていました。普通?というか、部屋は廊下を挟んで両側に設計されていると思うのですが、その部屋は廊下の突き当たりにあったのです。通常であれば、非常階段がある場所です。

確かにいつもの部屋より狭かったのですが、不自由というほどでもありませんでした。

その夜も六本木で飲食し、ホテルの部屋に戻ったのは0時過ぎだったと思います。シャワーを浴びて、ベッドに入り、ビールを片手にテレビを見ていたのですが、いつの間にかウトウトとしていました。

 

そのときです。

『ドンドン、ドンドン』

と、扉を叩く音がして、目が覚めたのですが、男性の声で、何か喚いているのです。

英語ではありませんでした。フランス語でもドイツ語でもなく、中国語でも韓国語でもありませんでした。中東のアラビア語か、アフリカの諸国のどこかの言語のようでした。

 

時計を見ると、1時過ぎでした。

私は知人の部屋を間違えているのだと思い、扉の前に立って、日本語で、

『何ですか?』

と言いました。日本語が通じるかどうかは不明でしたが、とにかく声を聞かせれば、間違いだと気付くと思ったのです。

 

ところが、外からの反応がないので、というより何となく、外に人がいる気配がなかったので、覗き穴から外を探ると、やはり誰もいませんでした。部屋は廊下のどん突きにあるわけですから、外はかなり遠くまで見渡せたのですが、人の姿は全くありませんでした。

私は、

『どこかの部屋に入ったのだろう』

と思い、ベッドに戻り、眠りに戻りました。

 

すると、再び、

『ドンドン、ドンドン』

と、扉を叩く音がして、また目が覚めました。そして、やはり理解不能の言葉を喚く声が聞こえました。

私は、

『近くの部屋の誰かが、悪戯しようとして部屋を間違えているのだ』

と思い、フロントに電話して事情を話し、

『このフロアーに外国人は宿泊していないか』

と、訊ねました。

ところが、どうもフロント係の歯切れが悪いのです。戸惑いを見せているような、言い訳をしているような・・・・。

 

しかし、それ以上フロント係を問い詰めても、どうにもならないので、そこで受話器を置きましたが、しばらくすると、今度はフロント係がやって来て、

『部屋を用意しました』

と言うのです。

『確か、満席だったはずでは?』

そう聞き返すと、

『スイート・ルームをお使い下さい』

と神妙な顔付きなのです。

時間を確認すると、3時近くになっていましたので、いまさら部屋を移っても、朝まで4時間ほどの滞在です。

『結構です』

と、私は断りました。

その後は何もなかったのですが、後々になって考えてみたとき、あれは霊現象ではなかったのか、という思いに至ったのです。

その場で、気付いていれば、迷うことなく部屋を移っていたでしょうね。

 

 

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress