不思議な人々・その1:霊能力者山口さん-前

数年前、スピチュアルブームが真っ盛りの頃、霊能力者といわれる人物が、芸能人や一般人の相談を解決するというテレビ番組が流行っていましたが、彼らの霊能力の真偽はともかく、ごく身近に触れて育ってきた私の場合、霊能力者は、
『いる、いない』
というのではなく、
『特別な存在ではない』
という感覚でした。

以前、私の祖父の祖母、つまり私にとっての高祖母と祖母の二人は、霊能力があったと言いましたが、高祖母はともかく、祖母の場合は、私の物心の付く頃から、信心深い人でしたので、私は朝な夕な読経を聞きながら育ったせいか、まず宗教に対して、違和感や猜疑心を抱くことがありませんでした。
小学生の頃、祖母が周囲から相談を受け、『神様』と交信し、アドバイスをしていることを知っても、ごく当たり前のこととして、受け入れていました。

また、私の師は大変な荒行を積んだ『高僧』でしたから、身近にいた私は、師の霊的な力、あるいは神通力を垣間見ることが多々ありました。

むろん、これらを、
『信じる、信じない』
は、皆さんの自由ですし、実は私自身も、彼らが起こす現象が、
『霊的なもの』
なのかどうか、そしてその霊力は、
『特別な人間』
にしか備わっていないものなのか、分からずにいます。ですから、私は自分の目で見たままを書いて行きたいと思います。

今回、取り上げる人物は、私が育った地域では大変に有名な霊能力者で、名を山口・Iさんと言いました。

私が初めて山口さんと出会ったのは、確か中学校2年生の頃だったと思います。確かな記憶が無いのは、その頃はまだ精神の病に罹っていませんでしたので、私自身の相談事ではなかったからでしょう。
多分、7歳年長の長姉の結婚について相談しに行ったのだと思います。私は、日頃から山口さんの話を聞いていたため、興味があり同行したのだと思います。

私の生家から車で10分南下したところに、人口数万人の街があり、さらにそこから30分南下すると、人口十数万人の街があるのですが、山口さんの家は、その二つの街のちょうど中間地点の小さな町にありました。

町と言っても、山口さんの家は、少し辺鄙な場所にあり、四方を畑で囲まれていました。私は、山口さんの家を見た瞬間、子供心に、
『本物だ』
と思ったものでした。
なんと、私の目に映ったのは、バラック家に毛の生えた程度のみすぼらしい家だったのです。山口さんはこの地域を中心に、大変な数の信者?相談者を抱える有名人で、その数は3,000人?とも考えられるほどでした。

3,000人?というのには意味があって、現在3,000人なのか、累積3,000人なのか、はたまた別の意味のある数字なのか、にわかには判明できないのです。理由は後で説明します。

ともかく、四畳半が二間と台所、風呂という小さな家で、トイレは外に別の小屋でした。
なぜ、3,000人?とも考えられる相談者を抱えながら、極貧生活だったのかと言いますと、相談者から一円たりとも金銭を受け取らなかったからです。

事実、祖母が相談したときも、一旦は祈祷料10,000円を神棚に奉納し、神様に報告をされるのですが、帰り際に必ず返されるのです。もし、返却を拒否すると、二度と相談を受けられなくなりますので、渋々ながら受け取らざるを得ないということです。

ただ、その代わりに、漁師は魚や干物、農家は米や野菜、勤め人はお菓子や果物などを持参しましたので、生活に困ることはなかったようです。
また、二人の娘さんがおり、姉の方はパート勤めをされていたようですので、光熱費などの雑費は彼女の給料で賄っていたようです。妹の方は、山口さんの身の回りの世話をしながら、おそらく後継の修行?というか、準備をされていたように思います。

さて、3,000人という数字についてですが、実は私が大学生のとき、つまり師の下で生活するようになってから、山口さん許を訪れ、相談しようとしたことがありました。
ところが、
『久遠ちゃんは、もうお上人の庇護の下にあるので、私の神様から手が離れているのよ』
と、断られてしまいました。
山口さんの話によると、彼女が信心する神様の能力は、3,000人が限度で、すでに満員だというのです。そこで、私が師に師事したのを契機に、私を手離し、新しい相談者を入れたということでした。

そうだとすると、山口さんは現在進行形で、3,000人の相談者がいるということになり、また相談者が亡くなったり、しばらく(何年かはわかりません)音沙汰がなかったりしても手離すそうですから、累計ともなれば、軽く万人を超えているでしょう。

ただ、その神様は山口さん一人が信心しているのか、他者もいるのかが不明なので、曖昧な言い方になってしまったのです。
おそらくは、私の守護霊様である、『正一位月光地主大明神』様と同様、山口さんの個人的な守護霊様か何かだと思われますので、相談者の数を見ても、大変な霊能力者だということが分かると思います。

さて、この山口さんとの出会いは、ある意味で私の人生を変えてしまうことになりました。というのは大袈裟ですが、私の大学生活が一変したのは事実です。

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress