不思議な人々2:祖母(野島家の悲劇)

私の祖母が霊能力者だったことは前にも述べました。
と言っても、それほどの凄い霊力の持ち主だったわけではなく、山口のお婆さんに比べれば、横綱と平幕ぐらいの差があったでしょう。むろん、私の勝手な判断ですが・・・・。

しかし、その祖母の霊力の一旦が垣間見えた事件が起こりました。
私の生家の遠縁に『野島家』というのがありました。同じ村落にありましたが、我が家が村のほぼ中央にあったのに比べ、野島家は西北の外れの山間にありました。

その野島家が家を新築したのですが、完成なって間もなく、当主がいきなり高熱を出し、意識不明となったのです。医者に看てもらいましたが、原因がわからないということでした。

その話を聞いた祖母が、いつもの『御勤め』のときに『神様』に訊ねると、ある事実が告げられたというのです。
その事実とは、野島家の敷地内には、私の生家と同様、尼子の落武者を祭った祠があったのですが、祠といっても小石を重ねただけの粗末なものだったうえに、当主は不信心だったらしく、その祠を丁重に移動させることなく除去してしまい、その上に家を建てたというのです。

祖母が、さっそく野島家にそのことを質すと、事実でした。ですが、家族揃って不信心だったこと、またそうかといって、建てたばかりの家を壊すわけにもいかず、そのままにしていました。

十日後、当主は亡くなりました。
それだけであれば、偶然だったと忘れ去られたかもしれませんが、当主の葬式が終わった途端、今度はその長男、つまり跡継ぎが、同じような不明の高熱に魘されました。ここに至って、ようやく事の重大さに気付いた野島家のお婆さん、つまり先代の連れ合いが、祖母に相談にやって来たのです。

相談を受けた祖母は、すぐさま祠が有った場所の上(畳)を清めて、読経しましたが、とても手に負える状態ではなく、すぐさま『山口さん』を頼りました。しかし、話を聞いた山口さんも、
『私一人では、手に負えないかもしれない』
と、知人の霊能力者に協力を求め、二人で落武者の魂を鎮めたのだそうです。そのお陰か、長男は意識を取り戻し、命を取り留めたという事でした。

全快した長男が家を解き、祠のあった場所を外して、再建築したのは言うまでもありません。祠もずいぶんと立派なものを建て、今でも朝夕お参りしているとのことです。

このことがきっかけで、祖母の霊力の噂が広まり、簡単な相談事を受けるようになったのですが、むろん、これを、
『信じる、信じない』
は、勝ってです。しかし、野島家の悲劇は、私の地元では有名な事実ですし、山口さんらの尽力で長男が助かったのも事実です。
まあ、それでも信じない人が、
『全くの偶然が重なっただけだ』
と考えても、私はそれを否定はしません。

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress