日本再生論・その7:日米安全保障条約の破棄

垂直離着陸輸送機・オスプレイの搬入、運用に対して、沖縄県民及び岩国市民の反発が強いようです。原因不明?(隠蔽している可能性有り)の墜落事故が相次いでいるのですから、至極当然のことです。
しかし、懸念されるのは普天間基地の移設問題で、政府と沖縄がギクシャクしている昨今、またしても火に油を注ぐような難問を抱え、ますます中国の暗躍、扇動に苦労しそうだということです。

それにしても、マスコミは相変わらずく○ですなあ。各報道番組では、MCが平気で、
『国と国の交渉は、国民が納得することが基本』
だとか、
『日本に拒否する手段はないのか?』
などと、なんというか無知無能な発言を繰り返しています。
そもそも、日米安全保障条約上は、オスプレイのような単なる『機種変更』は、日本側の了解を得なくても良いということになっているのですから、日本に拒否権などはないし、
『国と国の交渉は国民が納得することが基本』
という発言に至っては、笑ってしまうレベルです。日本は民主主義国家であり、中国のような共産党一党独裁国家ではありません。外交交渉で、国民の動向を心配するのは、専ら独裁国家です。ですから、尖閣問題でも国民の反応を気にして、必要以上に居丈高になるのです。

一方、立派な(皮肉)民主主義国家である日本は、国民の納得など必要ありません。
国民から負託された国会議員で構成される国会及び政権政党、内閣が外交交渉を行う訳ですから、結果に納得がいかなければ、選挙で落とせば良いし、政権交代を選択すれば良いのです。民主主義国家はそれが基本です。
いかにも、情緒的な発言の連続に、番組出演者、制作者側の神経を疑います。

さて、この普天間基地移設問題やオスプレイ配備問題を、一気に解決する良策があります。
それは、日本政府が日米安全保障条約を破棄する決心をすることです。国際条約の破棄は相手国の同意を必要としていませんから、日本側が決心さえすれば、いつでも破棄できるのです。むろん、今年、来年と言う訳には行きませんが、たとえば10年後、15年後を目途に破棄の方向で動くのです。

日米安全保障条約を破棄すれば、米軍基地を日本に置く必要がありませんので、米軍基地は全て返還となります。これで、基地問題及び、オスプレイなど付随する問題は全面解決です。
しかしながら、日米安全保障条約を破棄は、すなわち日米同盟の解消ということですから、日本は自前の防衛力を強化しなければなりません。
これまで、米軍に頼っていた防衛を自衛隊が担わなければなりませんので、人員も装備も増強しなければなりません。当然、防衛予算は2倍、いや3倍ぐらいは必要となります。
現在の予算を約5兆円として、+10兆円が必要になりますが、国家公務員と地方公務員の給与を平均で20%カットすれは楽勝でしょう。
むろん、核兵器開発も検討されて然るべきでしょう。

そうなれば、わたしとしては、ずいぶんと『まともな』あるいは『普通』の国になると思うですが、残念ながら、これは米国が断じて承服しないでしょう。条約の強硬破棄は出来ますが、米国と敵対するのは国益を大いに損ねますから、上策とは言えません。

そこで、『新・日米安全保障条約』の締結となります。この条約は、現在の片務条約を解消し、出来得る限り対等条約とします。地位協定の見直し、集団的自衛権の行使は言うまでもありません。
この条約の締結により、締結後20年間は米軍基地を日本国内に置くことを容認します。
(20年後に、返還を含めた再交渉を行う)

候補地としては、地政学上、沖縄県の嘉手納、山口県の岩国、青森県の三沢基地か北海道に新設する3ヶ所が適当でしょう。逆に、グアムに日本軍の基地を置くことになるでしょう。
この米軍基地の返還は、大きな経済効果も生み出します。特に、東京の都心部にある横田基地は、約2百万坪という広大な土地ですから、この再開発は日本経済復活に大きく寄与することでしょう。

むろん、クリアーするべき難題は多々あります。憲法改正と米国の説得ですが、時の政権が本気になればできないことは無いと思います。要は真剣に向き合い、命を賭す覚悟があるかどうかだと思います。

マスコミは、普天間移設問題を語るとき、日米安全保障条約の破棄を含めた、安全保障の全面見直しまで言及しなければ、何も解決しないことを知っています。知っていながら、反日、左翼分子の巣窟であるマスコミは、あえてそこを避け続けているのです。なぜなら、世論の喚起によって、日本が『まともな国』になっては困るからです。実質上、米国の属国のまま、米国にも中国にも他国にも歯向かわない、従順な日本にしておきたいからです。

このようなく○共がマスコミを支配し続ければ、日本は本当に亡国の一途を辿ることになるかもしれません。

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress