日本の正義と世界の信用1

『日本の正義と世界の信用1』

お詫び:このブログを執筆中に政局が一転しましたが、そのまま掲載します。

橋下大阪市長への問責決議案が議会に上程される成り行きで、採決されれば可決の見込みだそうです。そうなれば、橋下氏は辞職し、市長選に再出馬の意向のだと、日本維新の会・幹事長で、大阪府知事の松井氏が示唆しました。

さて、私はこの一連の騒動に、ある種の虚しさを感じています。
『この国はいつから正義、正論が封殺される国になったのだろうか』と。
確かに、橋下市長の発言の中には、米軍へ風俗店を推奨するなど、不適切、不見識な発言がありました。また、韓国の慰安婦に対する配慮に欠けていた部分もあったかもしれません。

しかしこの国のマスコミ、言論はその過ちのみを取り上げて、彼の発言すべてを否定、封殺しようとしています。はたして彼の発言は全体の論旨において間違っていたのでしょうか? こうも批判される発言をしたのでしょうか。私が虚しくなるのはそこです。いったい、どこの国のマスコミなのでしょう。もはや韓国の利益を代弁する機関のようです。

言うまでもなく、私は何が何でも橋下氏を擁護する、それこそ事実を歪曲、捏造してでも彼を擁護しろとは言いません。そのようなことをすれば、韓国、中国と同じ民度レベルに成り下がってしまいます。しかし、悪意を持って事実を覆い隠し、世間の目を本質から逸らして、枝葉末節な事象に論点を集中させる。この狡猾で醜悪なやり口は、本来権力の番人であるはずのマスコミが、逆に権力の亡者に転落したことを意味します。

ただ皮肉なことに、これで大阪の政局は面白くなってきました。選挙となれば、彼は大阪をはじめとするテレビ番組に登場し、持論を展開するでしょう。そして、これまでの守勢から転じて攻勢に出ると思われます。私の知る限り、彼の周囲には優秀なブレーンが付き始めました。むろん、慰安婦の強制連行はなかった、という証拠を持っている人々です。

市長を辞職する気になれは、彼には守るものがなくなります。本気で理論武装した彼に弁論で立ち向かえる者はいないでしょう。もとより、彼が正しいのですから負けるはずがありません。

ついでに、朝鮮戦争やベトナム戦争時の韓国軍、アメリカ軍の悪行を白日の下に晒したらよいのです。ネットで『ライタイハンの悲劇』で検索してください。酷いものです。虎の尻尾を踏んだのは橋下氏ではなく、韓国、アメリカです。そう言う意味から言えば、私の推察ではもうすぐ韓国側から幕引きにすると思います。なぜなら、これ以上騒ぎが大きくなり、火の粉が降り掛かるのを恐れるアメリカが韓国を黙らせると思うからです。

ところで、出直し市長選は橋下氏にとっては、どちらに転んでも損はありません。彼が勝てば、慰安婦の発言があってもなお、大阪市民は橋下市長を認めたことになりますし、負けても、晴れて国政へ進出できます。この夏の参院選には間に合いませんが、補選でも良いでしょう。

市長選に敗れての出馬ですから、大きな顔はできませんが、国民の審判を仰ぐことができます。ここでも彼は全国行脚をして持論を展開するでしょう。それこそ、痛烈なマスコミ批判を繰り返してです。

彼にとって2つの選挙戦は当選が主目的ではありません。持論を展開できれば、落選してもは清々した気分だと思いますし、参院選に当選すれば国会議員となってさらに好きな事が言えます。もとより、市長や国会議員の職に連綿とする人物ではないですからね。

幸か不幸か、橋下氏には失うものは何もないのです。こういう手合いの人間ほど強い者はいません。まさかとは思いますが、端から彼が想定していたとしたら、それこそ大政治家器ですね。まさかでしょうが・・・・。しかし『災い転じて福となす』とはこのことで、是非出直し市長選をやってもらいたいものです。

橋下氏が圧勝したときの、彼を批判した連中、マスコミの態度が見ものです。まさか『大阪市民はアホ』などど主権者を貶めるような発言はしないでしょうねえ。

と書いていたら、公明党の反対で否決されるそうです。腰砕けですね。これで、大阪市議会が解散を恐れていることがはっきりとしたので、不信任は可決できなくなりました。よって、伝家の宝刀を握った橋本氏は、大手を振って持論を展開し、市政に邁進すれば良いでしょう。

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress