祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場

『祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場』

昨夜は興奮しました。試合内容は素晴らしく良い試合でした。結果、1-1の引き分けで
W杯出場が決まったのですが、一点だけ疑問を感じたことがありました。解説者も言及していますし、試合を見た人は誰でも違和感を感じたでしょう。そうです。選手交代によるシステム変更です。

選手交代もシステム変更も悪いことではありません。ですが、なぜあの状態で動いたのでしょうか。日本は引き分けでも良い訳で、試合内容も良かったにもかかわらず、あえて動く必要があったのでしょうか。失点してからでは遅いと、先手を打ちたかったのでしょうが、結果失点してしまい、あわや敗戦というところまで追い込まれました。

仮に、敗れていたとしても、出場は間違いなかったので(事実、早朝には決定していました)、とやかく言うことでもないのとは思いますが、メンバー固定とともに、最近は疑問符が付く采配も少し不安ですね。

それにしても、『とくダネ!』の小倉は酷いですね。ザッケローニ監督の采配を疑問視したのは私と同じでしたが、、
『3-4-3はブルガリア戦で失敗したのに、なんで変えるの』
などとほざいていました。
『無知蒙昧』とは彼のことをいうのでしょう。ブルガリア戦での3-4-3は内容的にも悪くなく、失敗ではありません。これまででは一番機能していました。失点したから失敗というのであればお笑い種です。サッカーを語る資格はありません。誤解ないように、MCとして知ったかぶりをするな、という意味です。

さて、コンフェデレーションズカップのメンバーが発表されました。相変わらず新鮮味のない選考でしたが、これは仕方がないでしょう。今のメンバーがベースなるのは当然で、コンフェデでチームの成熟度を上げたいのでしょう。

となると、新戦力の発掘という点で言えば、7月の東アジア選手権ということになります。参加国は、韓国、中国、豪です。日本は主力の海外組を休養させ、若手の海外組、ベテランを除く国内組とアンダー世代で望む予定のようです。韓国と豪もフル代表からは落ちるメンバーとなるでしょうが、日本ほどではないでしょうから、格好の腕試しの機会となります。

メンバーの候補者を挙げますと、
FW:豊田、指宿、大津、柿谷、永井、工藤、大迫
MF:山田大、原口、東、高萩、山口、扇原、長谷川、高橋、柴崎、米本
DF:槙野、鈴木大、栗原、水本、槙野、太田
あたりでしょうか。

たとえば、
FW:豊田
OMF:山田、東、柿谷
DMF:山口、高橋
SB:太田
CB:鈴木、栗原
GK:西川
というメンバーだと、結構戦える面子になります。

この中で、私が特に期待するのは、これまで何度も推奨してきた柿谷と他には豊田と山口の三人です。この三人は、今の日本代表のウイークポイントを埋められる可能性のある選手たちです。

周知の通り、今の日本代表は二列目とSBは世界と戦えるレベルにあります。しかし、FWとCB、ボランチは劣勢を強いられるでしょう。それでもCBは吉田の成長と闘莉王という一発逆転の隠し球がありますし、ボランチは遠藤の体力が持てばそれなりのレベルを保つことはできます。(守備という点では不安が残りますが・・・・)ですから、一番の問題はやはりFWということになるのです。

ザッケローニ監督は、昨年の得点王・広島の佐藤寿人を招集しないことからもわかるように、1トップにはDFの裏に抜け出す動きに長けているより、背が高くキープ力のある選手を好みます。ですから、ハーフナーが成長してくれれば問題解決なのですが、オランダでそれなりに活躍したとはいうものの、まだ信頼に足るだけの成長は遂げていません。

そういう意味で豊田は要注目株です。また、守備力という意味で山口も気になりますし、柿谷は清武、岡崎、乾をまとめて追い越す潜在能力があります。もし、ブラジルW杯が、

FW:豊田
OMF:香川、本田、柿谷
DMF:遠藤、長谷部
DF:長友、闘莉王、吉田、酒井高(内田を超える成長期待)
GK:川島
となっていれば、本大会が楽しみとなります。

どうする日本、どうなる世界

*

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress